トイファクトリーGT 快適化 #4
電源増設ユニットを付けてみた

キャンピングカー

ハイエースは今時珍しい、灰皿が標準装備で付いている車です。

現行ハイエース200系は、販売され始めてからて17年目。

その間マイナーチェンジを繰り返し、6型が現在のモデルですが、

灰皿は現役のまま残ってます。

オプションにする方が逆にコストアップになるんでしょう。

そんなハイエースに、定番の電源増設ユニットを付けてみました。


この値段で、

灰皿を撤去、12VソケットとUSBが2口づつ増設

できるのは嬉しいです。

取説と本体

本体にぐらつき防止の両面テープがついています。

灰皿を外し、電源増設ユニットについてるシガーソケットを

車体のソケットに繋いで、後はポン付け。

トヨタのディラーオプションでも良い位な自然な収まり方です。

トイファクトリーのオプションにも設定があります。

おまけに、スモール点灯で床を照らすLEDイルミ付き。

フロントシートでもスマホが2台同時に充電できるのは、

ポイントが高いです。

この電源増設ユニットとセットでも単品でも購入できるもので、

コンソールボックスがあります。

これもハイエースの定番商品で、ぴたりと収まるようです。

ほしい物リストに入れていた昨年は、

N534のブラックとN594のカーボン調ブラックの2種類から選べました。

違いは、上部の色がブラックまたはカーボン調ブラックの違いだけ。

実際、誰が見るの❓気にするの❓的な位置と面積で、値段が7-800円違うので、

買うならブラックと思っていました。

先月ごろからアマゾンでは、色がカーボン調ブラックしかなく、

ブラックは欠品中のようです。

ブラックの在庫があるショッピングサイトもありますが、

3,000円台で購入できる所はなさそうです。

他の欲しい物や車内の使い勝手を考えていくうちに、

この位置の床に物を固定したく無くなったので、今は購入保留しています。

あれば便利なんでしょうが、今は仕方ありません。

Cheers,

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました